MENU

そばかすを治療できる薬

お肌のトラブルにはいくつか種類がありますが、中でも女性の悩みのタネとなっているのがそばかすです。
そばかすの予防には紫外線対策が必要不可欠であるというように言われています。しかし、どれだけ意識しても、うっかり対策が抜けてしまった部位にポツリとそばかすが出来てしまうこともあるのではないでしょうか。
そういう場合にはどう対処したらいいのかを考えてみましょう。
レーザー治療というものがあります。ただ、この方法は費用が高いため、誰でも簡単にできるものというわけではありません。
そこで、もうひとつ挙げられるのが、今回の本題となる、薬による治療です。
治療薬には「トレチノイン酸」というものを使用します。この薬は日本だとまだ正式な許しが降りていないため、使用する際には必ず医師の処方箋が必要になります。
多少面倒と感じる方もいるかもしれませんが、そばかす以外にもシワやにきび、シミなど色々なトラブルにも有効だと考えられているため、活用する価値は十分にあります。
トレチノイン酸を用いると、まずメラニン色素が減少します。そのためそばかす解消の先にある、美白効果も期待することができるのです。
さらに、1日に2回、症状が現れているところに薬を塗るだけで済みます。非常に手軽に治療することができるため、オススメしているクリニックは多いようです。
また、簡単に購入できる市販薬の中では「ハイチオールC プルミエール」というものが効果的です。
この薬にはメラニン色素の発生を抑えるL−システインという成分に加え、ビタミンCが含まれていますから、活性酸素の働きを抑える効果も期待できます。
しかし、市販薬では効果に即効性がないものがほとんどのため、気長に治療する根気が求められます。
もし、どうしてもそばかすが気になって仕方がないという方がいたら、皮膚科や美容皮膚科の医師に診てもらい、薬を処方してもらうと良いかもしれませんね。