MENU

そばかすの予防。まずは紫外線から

そばかすができてしまう大きな理由のひとつが、紫外線です。
紫外線と言えば太陽の光に含まれているもの、という印象が一番強いのではないかと思いますが、実は紫外線には大きく分けて2種類のものが存在します。
長波長紫外線(UVA)」と「中波長紫外線(UVB)」です。
まず、波長が長い方、つまりUVAを浴びると、皮膚の最も深い所にあるメラノサイトと呼ばれる色素細によって、黒色が特徴的なメラニン色素が大量生成されます。
ここで問題となるのが、UVAによってメラノサイトが傷つくことです。
「ターンオーバー」という言葉を聞いたことがある方はいますでしょうか。これは端的に言うと、皮膚細胞の再生成現象のことで、これが行われることで、人は古い肌と綺麗な肌を入れ替えることができます。
しかし、UVAによってメラノサイトが傷つくと、ターンオーバーの周期が乱れ、正しく肌の生成が行われません。それによって、メラニン色素を除去しきれず、そばかすとなって肌に残ってしまうのです。
また、中波長であるUVBを浴びた場合には、肌が即座に反応し、メラニン色素の過剰生成が行われ、果てにはそばかすまでもを生み出してしまうのです。
UVAは忘れた頃にやってきて、UVBはインスタント型のようにすぐ効果をあらわにしてきます。
ただ、どちらにせよ紫外線対策が重要であることはお分かりいただけたかと思います。
そばかすを完全に作りたくないというのであれば、屋内から一歩も外に出ないという極論的方法がお勧めですが、実際にはそういうわけにもいかないかと思いますから、自分で日焼け止めなどを活用することが必要になってきます。
ちなみに、紫外線が最も多くなる時期は5〜8月です。この時期には抜かりの無い紫外線対策を心がけるようにしましょう。
屋外に出る際には白物を避け、ダーク系統のものを着用すると、紫外線の吸収量を抑えることができます。
もちろん、日焼け止めなどのアイテムは必須です。SPF15程度のものを使用すると肌への負担も軽く済ませることができ、さらにUVカットの効果にも期待できます。