MENU

そばかすができる原因

「そばかす」とは、顔の頬や鼻に生じる茶色く細かな斑点のことです。
では、どうしてそばかすが出来てしまうのでということを考えてみると、紫外線がその要因のひとつとして挙げることができます。
人の皮膚では本来、ターンオーバーという皮膚細胞の再生成現象によって、古い角質を落とし新しい角質を表に出すということが行われています。
紫外線を浴びると、その分だけメラニン色素が沈着していくのですが、その量が多すぎると、ターンオーバーだけでは対処しきれず、シミやそばかすとなってしまうのです。
しかし、問題は紫外線だけではありません。
ターンオーバーが一定周期ごとに行われることにより、バランスよく綺麗な肌を保つことができます。しかし、年を重ねていくとその周期に乱れが発生し、結果としてシミやそばかすが出来やすくなってしまうのです。
また、その周期は睡眠不足やホルモンバランスの崩れによっても乱れてしまいます。
ターンオーバーは就寝中に最も活発に行われているため、睡眠時間が短かったり質の悪い睡眠ばかりを重ねてしまうと、その分だけターンオーバーのリズムが崩れやすくなってしまうのです。
と、このように紫外線が肌の大敵であることは確かですが、原因はそれ以外にもあるということを理解しておきましょう。
良質な睡眠を意識したり、ストレスを溜めないようにしてホルモンバランスを安定させたりするなど、日々の注意が大切です。
しかし、ここでひとつ困ったお話があります。
実は、そばかすは年齢などの関係なく、起こり得てしまう肌トラブルなのです。
結論から言ってしまうと、遺伝です。
ひょっとしたら、小さい頃からそばかすに悩まされているという方もいるかもしれませんが、そばかすは両親から遺伝する可能性が高く、実際にその原因が遺伝的なものであったというケースも少なくありません。
ただ、遺伝性の場合には、年を負うごとにそばかすが薄くなっていくということもあるようですので、仮にそう診断されたとしても気を落とさず、将来に向けてその他の対策に取り組んでいくようにすると良いのではないでしょうか。