MENU

シミの種類

シミにも種類があることをご存知でしょうか。
シミという言葉自体ならば聞く機会は多いかと思いますが、実は、その大きさや色、発生個所によってその名称は異なってくるのです。
では、どのようなものがあるのかを見ていきましょう。
例えば、「肝斑」というものがあります。これは30〜40代の女性によく見られる、両頬など左右対称な場所に発生します。
次に、「雀卵斑」というものがあります。これはみなさんもよくご存知のソバカスです。鼻を中心とし、小さな斑点が散り散りになっているものがソバカスです。
「脂漏性角化症」というものは、女性よりも男性に多いシミのことです。シミの角化が進むことでいぼ状に盛り上げってしまい、少しだけ盛り上がってしまうという状態になります。
「老人性色素斑」は紫外線が原因で発生します。特徴としては、鮮明な丸形を描くことが多々あります。
生まれつき発生してしまっているものを「遅発性両側性太田母斑」と言います。青っぽいシミや、額、頬、目の周辺などに見られます。
ここまで簡単に紹介してきましたが、シミには他にも種々のものが存在します。
また、シミの種類によって適した治療というものも異なってきます。このことを知らずにケアしてきたという方にとっては衝撃的な事実かもしれませんが、これからはまず自分が治したいと思っているシミの種類を突き留め、それに適した改善策を講じるようにしましょう。