MENU

日焼け止めの必要性

シミを対策するならば、日焼け止めは必須です。
というのも、シミの主だった原因というのが、紫外線だからです。紫外線を浴びないことが、シミを作らないことに直結します。
つまり本題は、紫外線をいかに浴びないようにするか、ということになります。
この問題を考えていくと、そのための手段にはいくつか思い当たりますが、やはりその基盤となるのは日焼け止めの存在です。
紫外線を塗れば、その箇所においては紫外線の多くをカットすることができるため、それプラス他の対策を重ねることで、より高い効果が期待できるのです。
日焼け止めにはフェイス用とボディ用があります。
使い分けをする理由は、肌の感度の差にあります。顔の方が敏感なため、フェイス用のものを必ず塗るようにしてください。
また、外出を控えていても、ベランダで洗濯物を干したり、あるいは日当たりが良い部屋にいるだけでも日焼けし、シミの原因になることがあります。
強力なものを塗る必要はありませんが、室内だからと言って油断せず、日差しが強い日には室内でも日焼け止めを塗るよう心がけましょう。
日焼けをするのは夏だけだと思いがちですが、実際のところ、他の季節でも十分にする可能性があります。
日焼け止めは通年使用するようにし、紫外線対策を徹底しましょう。