シミに効くサプリ

MENU

シミ サプリ※ランキング

女性の肌悩みのトップに君臨する、シミ・そばかす問題。紫外線を全く浴びずに過ごせる人はいませんから、どんな人でもいつシミが発生するか油断できません。
シミはどうにもならないとあきらめてしまいがちですが、その原因が新陳代謝の低下にあるとわかれば、代謝を上げることで老廃物の排出を促せばシミ対策できるんです。当サイトでは、シミ対策を内側からサポートしてくれるサプリメントや医薬品について、人気売れ筋商品をランキング形式でご紹介いたします。

シミ サプリランキング
ロスミンローヤル

シミ 小ジワにも効果があるサプリといえば、ロスミンローヤルがダントツでおすすめです。小ジワへの効能が認められた医薬品は、国内で唯一ロスミンローヤルだけ!医薬品ですので、サプリよりも効果が高いのは当然ですが、生薬をはじめとした22種類の成分が、肌悩みだけでなく肩こりや冷え性、腰痛まで緩和してくれます。血の巡りをよくしてくれるので、体質から肌を改善することができます。
今なら通常は7,600円のところ、初回は1900円で購入できます。(定期コースでなくても1か月分1900円です!)
格安でお試しできますので、まずは1ヶ月お試ししてみてはいかがでしょう。管理人イチオシのシミに効果のあるサプリ(医薬品)です。
また、ずっと割安に購入できる、定期コースやおまとめ定期コースもおすすめです。

 

▼ロスミンローヤルの公式サイトはこちら▼

ロスミンローヤル

マスターホワイト

メイクで隠すには限界を感じるシミの悩みに、にごりの原因を取り除いて透明感を育ててくれるのが、マスターホワイトです。
プロテオグリカンやアスタキサンチンなど16種類の贅沢な成分を絶妙なバランスで配合することで、見違えるほどのハリと透き通るような明るい肌を目指せます。
マルチビタミンも加えられているので、健康的に美しい肌を手に入れるチャンスです。
通常10,800円のマスターホワイトは、初回限定で6,480円の割引価格になり、送料も無料サービスされます。

 

▼マスターホワイトの公式サイトはこちら▼

マスターホワイト

ミルセリンホワイトNKB

ミルセリンホワイトNKBは、L-システインにビタミンCやビタミンB群、ビタミンEを配合して、守る、薄くする、排出するを一度にかなえられる医薬品のシミ サプリです。
臭いのクセがなく、一日分の6錠にL-システイン240mgとビタミン1,000mgも入っているのが心強いところ。
希望小売価格の4,320円に対して販売価格は2,980円ですが、定期購入なら1箱2,000円と破格の値段になります。
シミの緩和だけでなく、ニキビ対策にもなるので便利ですね。

 

▼ミルセリンホワイトNKBの公式サイトはこちら▼

ミルセリンホワイトNKB

エイジングリペア

2015年度モンドセレクション金賞、@cosme健康サプリメント部門第1位を受賞しているエイジングリペアは、老け顔の悩みが消えると評判の馬プラセンタのシミ サプリです。
無香料・無着色・保存料不使用なので、安心してマイナス10歳肌を目指せます。
アミノ酸が豚より濃い馬プラセンタで、感動的な肌を手に入れてみませんか?
通常は1箱11,000円のところ、定期コースならいつでも20%オフ。
しかも90日間は全額返金保証があるので、初めてでも気軽に申し込めます。

 

▼エイジングリペアの公式サイトはこちら▼

エイジングリペア

セラミドファイン

パイナップル生まれの透明感をサポートする成分、ブライトニングパインが配合されたシミ サプリメントがセラミドファインです。
メラニンに関わるフィトール、パイナップルセラミド、若々しさのサイクルを助けるEGF、11種類のビタミン、植物性プラセンタ、ヒアルロン酸、ポリフェノール、大豆イソフラボンなど、年齢肌をガッチリサポートしてくれるお助け役が盛りだくさんに加えられているのも大きな魅力。
通常は6,300円のところ、5,670円で購入できる割引特典には、初回なら30日間全額返金保証も付いてきます。

シミができる原因

女性の多くが抱える肌トラブルの悩み。今回は、その中でも「シミ」に着目して紹介していきたいと思います。
シミは年齢を負うごとに増えていきやすくなります。では、どうしてそのような現象が起こってしまうのでしょうか。
シミの一番の原因は、紫外線です。紫外線を浴びると活性酸素と呼ばれる、身体の酸化や老化の原因となっている成分が発生し、メラニン色素が作られます。これが、日焼けをすると肌が黒っぽくなる理由です。
メラニン色素は肌にとって必要な色素です。肌を守るため、黒っぽい色をしているのです。
しかし、あまりに多くの紫外線を浴びてしまうとメラニン色素が過剰に生成されてしまうため、メラニン色素が肌に残されてしまうことがあります。これがシミの正体です。
以上の理由から、紫外線を多く浴びるとシミが出来てしまうのです。また、紫外線を浴びやすいのは頬や額ですので、特にその部位にシミができやすいと言われています。
また、紫外線だけでなく、「女性ホルモン」が関係していると言われています。
ご存知でょうか。排卵日からおよそ2週間、次の整理が来るまでの期間、女性の肌ではメラニン色素が作られやすくなっているのです。
さらに、女性ホルモンのバランスが崩れた場合にもシミができやすいとされています。
その理由はターンオーバーの周期に関係しています。
ターンオーバーは肌を再生成される現象のことを言いますが、その作用は周期的に行われています。しかし、女性ホルモンのバランスが崩れると、その周期が乱れ、肌に古い細胞などが残りやすくなった結果、シミができやすくなってしまうのです。


シミができたときの対処法

もしもシミが出来てしまったのであれば、まずはシミを隠すことを意識しましょう。
シミに対して非常に効果が期待できる美白化粧品がいまは増えてきています。また、身体の内からシミを薄くしてくれるシミサプリメントも発売されています。
日頃からシミ対策に有効なものを使用するようにし、少しでもシミが目立たないようにすることを心がけましょう。
食生活をバランスよく整えることも大切ですし、充分な睡眠を取るなど、生活習慣を改善していくことが、シミを治す上で重要になってきます。
しかし、それでも隠し切れずシミのことが気になってしまうということもあるかと思います。どうしても堪えきれない、という場合にはレーザー治療やケミカルピーリングといった治療法もあります。ひとつの解決方法のひとつとして覚えておくのも良いのではないでしょうか。
また、皮膚科への相談をしてみるのもひとつの手です。ストレスになるほどシミが気になってしまうという方はぜひ検討してみてください。
ただ、ときに普通のものとは異なるシミができてしまうこともあります。例えば、痛みやかゆみを伴うシミです。
普通のシミであれば何も心配はありませんが、異常が見られるシミであった場合には病院で診察を受けるようにしましょう。


シミに良い食事

シミに良い食材について紹介していきたいと思います。

  • ・キウイ、トマト、イチゴ
  • ・ニンジン
  • ・牛肉、鮭
  • ・豆腐、納豆、ナッツ類

例えば、上記のようなものがあります。

 

順に紹介していくと、キウイやトマトなどには、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCを摂取するとシミを薄くしたり予防したりすることができるため、普段からシミ サプリなどで摂取するように心掛けましょう。
ちなみに、キウイのビタミンC含有量はオレンジの2倍だそうです。ですので、ビタミンの摂取を考えたときにはキウイをお勧めします。また、ニンジンにもビタミンCは含まれています。それに加え、ビタミンAが含まれているため、皮膚の抵抗力を強める働きが期待できます。それによって、シミの予防にもなります。
牛肉や鮭についてですが、こちらにはL−システインという成分が豊富に含まれています。
L−システインは肌のターンオーバーを活発化させます。そのため、古い角質がしっかりと落ちるため、シミの解消が期待できます。
大豆製品である豆腐や納豆には、女性ホルモンとよく似た効果をもたらしてくれるイソフラボンという成分がたくさん含まれています。
ホルモンバランスが崩れるとターンオーバーの周期が乱れ、結果としてシミになってしまうため、大豆製品を食事に取り入れ、イソフラボンの摂取を積極的に行うと良いのではないでしょうか。

 

 

シミサプリ関連記事

シミの対策〜化粧品〜

これまで、シミ対策を行うにあたって最も利用されてきたのは、恐らく化粧品だと思います。
とは言え、昔から美白化粧品は多く販売される中で実際に効果が得られるというものは少なく、ファンデーションやコンシーラーによってシミを隠すことが基本的な手法となっていました。
しかし、いまでは美白に関する研究は進歩を遂げています。その裏付けとして、効果が得られる美白化粧品の数が増えたという事実が挙げられます。
また、少し前までは、確かな効果が得られる化粧品と言えば高額なものが多い印象でしたが、現在では安価ながらも美白効果が期待できる、化粧水や美容液のような基礎化粧品が増えてきています。
美白効果があるとされている成分には色々な種類があります。それぞれの成分についてメーカーが独自に研究を重ね、配合し、そうしてより効果が高い商品を生み出そうと日々、研鑽に努めているのです。
最も有名な成分ですと、ハイドロキノンというものがあります。その他に、厚生労働省によって美白成分認定されている成分には、アルブチン、リノール酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、ルシノール、エラグ酸、カモミラET、t−シクロアミノ酸誘導体、トラネキサム酸の9種類があります。
また、コウジ酸、4MSK、マグノリグナン、天草エキス、アスタキサンチンといった成分にも、メラニンの生成を抑制する効果が含まれていたり、抗酸化作用をもたらしてくれたり、といったような、美白への貢献が期待されています。
ただ、こうした成分がどれだけの質、量で化粧品に含まれているのかという点に関して言うと、やはりそこは金額に依存してしまうというのが正直なところなのです。

 

 

美白化粧品によるシミ対策

一般的に日焼け止めが中心なって行われるシミ対策ですが、美白化粧品でも行うことができます。
まず、美白化粧品でシミの解消を行う場合には、文字通り薄くしたり消したりすることが目的となります。「薄くする」というのは、シミがあまりにも濃くなってしまっている状況を想定しています。元々薄いシミをさらに薄くすることはさすがに難しいということですね。
こういったことに加え、化粧品はこれから出てくるであろうシミの予防をすることができます。
そのために必要な美白化粧品は、プラセンタエキス、アルブチン、ビタミンCのような、メラニン色素の生成を抑えてくれる成分が含まれているものになります。
これらの成分が配合されているものを日々使用していくことが、メラニン色素生成の予防となり、確実なシミ対策となります。
また、すでにシミが出来てしまっている場合には、AHAやフェノール、レチノールなどの成分が含まれている化粧品を使用するようにしましょう。
これらの成分はメラニン色素の排出を促してくれ、肌の再生成を手助けしてくれます。そのため、シミが薄くなる様子が実感できる方も多くいらっしゃるようです。
なお、成分をしっかり肌に浸透させるためには保湿が必要不可欠になります。
パックがオススメです。お風呂上りなどに、コットンに化粧水や美容液を染み込ませパックをすると、しっかりとした効果が期待できます。


シミの治療〜プラセンタ〜

プラセンタとは胎盤を意味します。その研究によって、プラセンタには色々と優れた効果があることが明らかとなり、現在では白血球の治療でも役立てられるようになりました。
元々、プラセンタの研究は、その機能が医学的に活用できないかという考えの元で開始されました。そして、その機能が鮮明になってくると、アンチエイジング、つまり抗老化に対する働きも高いことが判明したのです。
プラセンタは受精卵を僅か10ヶ月で人にしてしまうほどの細胞繁殖力を有しています。つまり、細胞の繁殖力や増殖力、再生力が非常に高いのです。
その力を利用し、アンチエイジングに役立てるための研究が、いま進められています。
ここでようやく肌との関連性が見えてきます。アンチエイジング、つまり抗老化することができれば、それだけ肌の再生能力を維持することができ、年を重ねてもシミやシワができにくくなります。
プラセンタは胎盤という意味を持ちますが、そこから抽出した成分自体をそのように呼ぶこともあります。例えば市販で販売されているサプリメントがそうです。
そのサプリメントを使うか、あるいは注射するかの2択が、プラセンタ治療の主な方法となるようです。
シミを取ることを目的として行うプラセンタ治療では、取りたいシミがある場所に直接注射を打ち込みます。そうすることでメラニンの排出が盛んに行われ、肌の再生力の高まりと共に、シミの薄まりが期待できるのです。
しかし実際には、身体のどこに打っても結局は全身を巡るため、打つ場所はそれほど影響しないとも言われています。
プラセンタ注射は人気のある治療法になりますが、その裏では安全性が確保できていないという問題が息を潜めています。感染症を引き起こす恐れもあります。。拒絶反応などの副作用も、ときに確認されているようです。
プラセンタ治療には、よく考えてから取り掛かるようにしましょう。


シミの治療〜漢方薬〜

シミには種類があるということをご存知でしょうか。普段は「シミ」という単語だけが飛び交う美白の世界ですが、厳密に言えばシミには種類があり、それぞれ適切な対策方法というものが異なってくるのです。
ここでは、シミの種類と効果が期待できる「漢方」を紹介していきたいと思います。
まず、シミには次のような種類があります。

 

@老人性色素斑――老化によって現れるシミ
A肝斑――かんぱん。女性ホルモンと関連があるとされている。左右対称に現れる。
B脂漏性角化症――シミが膨らみ、イボ状になったもの
C雀卵斑――じゃくらんはん。いわゆる、そばかす
D扁平母斑――へいぺいぼはん。遺伝的な色素沈着
E炎症後色素沈着――ニキビ跡や傷口が起こす色素沈着

 

この6つの中でも最も治療が難しいとされているのが、Bの脂漏性角化症です。
しかしその一方で、Aの肝斑は女性ホルモンの減少が問題とされているため、その改善をすれば比較的簡単に治療できます。また、皮膚の再生を促せば直るシミに関しても、新陳代謝を高めることで同じく容易に治療することができます。
そういったシミに対しては、サプリメントや漢方薬が効果的な場合があります。特に、血行改善による新陳代謝を求めるのであれば、漢方がお勧めできます。
それでは、新陳代謝を高め血行を改善する効果が期待できる漢方を紹介します。

 

@温経湯(うんけいとう)
A加味逍遥散(かみしょうようさん)
B桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
C桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(けししぶくりょうがんかよくいにん)
D四物湯(しもつとう)
E当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)
自分のシミの種類を調べ、それに適した治療方法を取るようにしましょう。漢方もその治療方法候補として挙げられるため、是非活用してみてください。

シミを予防する方法

シミが出来てしまうのには、いくつかの原因があります。紫外線やホルモンバランスの乱れ、遺伝性などです。
この中でも、特にシミができる要因として考えられているのが紫外線になります。とは言え、紫外線は生活をしていれば必ず浴びることになる存在ですから、予防する際には、100%防ぐことよりも浴びる量を減らすことに主眼を置きます。また、そのためには様々な方法を駆使してあげる必要があります。
最初は、UVケアを行うようにしましょう。特に必要な時期は、紫外線が一番多いとされている5〜8月になります。
紫外線が多い日には、帽子を被ったり日傘をさしたりするなどして、できるだけ紫外線を浴びる量を減らしてあげる必要があります。また、着る服の色を白ではなく黒にしてあげることで、紫外線の吸収量を抑える効果も期待できますので、意識しておきましょう。
また、服だけでなく日焼け止めで顔を守ってあげることも大切です。シミは特に顔にできやすいですから、自分の日焼け止めを持ち歩き、小まめに塗り直すようにしましょう。
なお、UVケアをする場合にはSPF15と記されているものを使用するようにしましょう。いわゆるその製品の効果を数値化したものですが、この数値だと、「肌に負担をかけずUVケアを行うことができる」のです。
また、その上からUVケアファンデーションを塗ることで、さらなる効果が期待できます。
外出回数が多いようでしたら、先ほども言ったように小まめに塗り直すようにしましょう。目安は2〜3時間ほどになります。
その他、食生活でビタミンCを意識して摂るなどのことも行いましょう。ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑える効果があるため、シミを防ぐことに繋がります。

シミサプリに関連するよく読まれてる記事